示談書とは | 静岡県静岡市、浜松市、富士市、沼津市、焼津市エリアの交通事故のご相談なら弁護士

示談書とは

示談書を作成するのには、後日に「言ったvs言わない」のトラブルを避ける目的があります。
示談に関しては、当事者間に合意があれば口頭での約束でも成立し、本来は書面の作成は不要なのです。従って、合意をしたことを認めていれば、書面の作成がなされていないからと 示談が無効だと言うことは出来ません。

示談書の効力

示談書は、単なる当時者間の合意文書に過ぎないため“強制力”がありません。示談そのものに争いが生じた場合は、あらためて裁判手続きで決着をせざるを得ないわけです。これを避けるには、示談内容を『起訴前の和解』(即決和解手続き)か、『公正証書』で残しておくという方法があります。

示談書作成のポイント

示談書の形式は自由ですが、示談書作成のポイントを抑えて作成しましょう。でないと、せっかく示談交渉で話し合ったことも水の泡、ということになってしまいます。

  • 書き出しは「示談書」と書き、その下に事故の表示を書いていきます。
  • 事故の表示には事故の日時、事故発生の地名、被害者氏名(複数の場合は全員)、被害の区分(死亡、負傷、物損の別)、加害者運転者名、加害者車両保有者名、加害車両登録番号を記入。
  • どんな条件で示談したかを書きます。これは示談書の命ですからしっかり書いてください。
  • 最後に示談書作成日付、「上記の条件で示談が成立」「異議申し立てはしない」等と記入。当事者のサインと押印をしてください。当事者が複数の場合は、全員がサイン、押印をします。未成年の場合は、両親がサイン、押印をします。また会社が当事者の場合は、会社のゴム印を押し、さらに社長の印を押します。

示談書

示談書作成の注意点

一番望ましい意形態はは、示談金を一度もらい、同時に示談書にサインすることです。しかし示談交渉の結果、金銭の受領は後日になることもありますし、分割払いになるケースもあるでしょう。
被害者にとって大事なことは、示談交渉が終わっても金銭の受領が済むまでは領収書を出したり示談書のなかに領収済みなどの文言を入れないことです。

FREE DIAL 交通事故の過失割合など、お気軽にご相談ください。交通事故の過失割合などはこちら。お電話orクリック

  • お気軽にお問い合わせください 0120-280-107
  • 交通事故の過失割合に関するご相談はこちら
  • 携帯からもサイト情報をご覧いただけます。
サイトマップ
サイトマップ

より大きな地図で 弁護士法人 栗田勇法律事務所 を表示

弁護士法人 栗田勇法律事務所は、平成23年3月に静岡市葵区伝馬町に開所した弁護士事務所です。交通事故では、ある日突然に加害者や被害者になってしまう可能性があり、多くの方はどのような手続きをしたらよいのか分からず、大変な不安になってしまいます。多くの場合、交通事故の被害者となると、賠償金等について加害者側の損保会社と交渉するのですが、保険会社の担当者は交渉のプロとして日々示談交渉を行っており、賠償金の金額を低く抑えようと必死になります。一方、被害者側はほとんどの方が交通事故の示談交渉の経験がありませんので、保険会社の言われるがままに、示談に応じてしまいがちです。当事務所では、ご相談者様の代理として保険会社との示談交渉を行っており、結果的に賠償金額が増えているケースが多数あります。静岡市エリアをはじめ、浜松市、富士市、沼津市などから交通事故(人身事故・物損事故・追突事故・交差点での事故・出会い頭の事故・自動車事故・バイク事故)のご相談でご来所いただいております。交通事故のご相談は無料。出張相談や事前にご連絡いただいた上での時間外や休日対応も可能ですので、悩む前にお気軽にご相談ください。

所在地情報
静岡県静岡市葵区伝馬町9-10 NTビル3階
弁護士法人 栗田勇法律事務所へのアクセス詳細

交通事故のご相談が多いエリア一覧

静岡県
牧之原市島田市藤枝市掛川市富士宮市御殿場市吉田町三島市川根本町御前崎市

FREE DIAL 交通事故について、お気軽にご相談ください。交通事故のご相談はこちら。お電話orクリック